着物の買取価格の相場が決まる仕組み!高額査定が期待できる着物は?

着物の買取価格の相場が決まる仕組みをチェック!

日本の家庭では昔からの伝統の衣服である着物が眠っていることが多く、以前は当たり前のように着用していてもだんだんと着る機会は少なくなります。

  • 着なくなった着物を売りたい
  • 汚れないうちに買い取ってもらいたい
  • ずっと家のタンスの中に入っている

このような人は専用のサービスへと買取してもらってはいかがでしょうか。

大切な着物を売りたい方のために用意された専門店は現在では多く、店舗へと持ち運んだり訪問査定を依頼したりと様々です。

そこで、以下では着物の買取価格の相場がどのような仕組みで決まるのかまとめていますので、着物を売ろうと考えている方は一度チェックしておいてください。

着物の種類で相場は変わる

どんな着物を買い取ってもらうのかによって相場は変わります。

専門店によって判断の基準は異なるものの、「綺麗な状態」「正絹の着物」「仕立てから10年以内」と設定した上で種類別の買取価格の相場を見ていきましょう。

振袖 10,000円
訪問着 10,000円
付下げ 10,000円
袋帯 8,000円
小紋 6,000円
黒留袖 6,000円
名古屋帯 6,000円
和装小物 1,000円~20,000円

和装小物に関してはたくさんの種類があるため、1,000円~20,000円と価格には開きがあります。

振袖や訪問着は特に高額で買い取ってもらえる傾向がありますが、リサイクルショップの店員さんは正しい査定が出せないので専門店へと依頼すべきです。

人気度は価格に大きな影響を与える

着物の人気度は価格に大きな影響を与えます。

・多くの人から人気を得ている着物
・シンプルな柄で派手過ぎないデザインの着物
・友人の結婚式で着付けられる振袖

これらの着物の買取価格の相場は上がりやすく、人気のないデザインと比較して思わぬ値段が付くケースは少なくありません。

「自分が持っている着物は派手でゴージャスだから高く売れそう」と考えている方は多いものの、結婚式やゲストで着付けるのは慣習的にNGですし、人気がなければ高額な買取価格になりにくいので注意が必要です。

身丈と裄丈のサイズ

現代の日本人女性は一昔前と比べると身長が高くなっています。

1950年 149㎝
1960年 150㎝
1970年 152㎝
1980年 153㎝
1990年 156㎝
2000年 157㎝
2010年 158㎝

上記のように女性の平均身長は推移していて、そのままのサイズで着用できるM~Lサイズの着物は必然的に相場が上がりやすいのです。

身丈と裄丈のサイズがあまりにも小さいとニーズが低くなり、「思わぬ買取価格がつかない」という原因になります。

大きな着物の需要が高いだけではなく外国人向けに販売することができますし、小さなサイズは仕立て直して大きくできないので買取価格の相場が下がりやすいのは仕方がないでしょう。

販売経路の数

販売経路の数は買取価格の相場に大きな影響を与えるポイントとなります。

  • 地域の人が持ち込んだ着物を買い取って別の人に売るのが一般的なリサイクルショップ
  • 実店舗を持たずにインターネットで利用者を集めて同時に販売も行うネットショップ

上記の2つの店舗を比べてみた場合、後者の方が圧倒的に高額で着物を販売できる可能性を秘めているのです。

「高額で販売できる=高い値段で買い取ってくれる可能性が高い」と判断でき、近所のリサイクルショップへと持って行ったところで満足のいく値段をつけてもらうことはできません。

  • 高い値段で購入したから当然のように高く売れるのでは?
  • 綺麗に保管しているから高額で買取できるのでは?

このように考えている方は多いのですが、売る方の立場で考えると買い叩かれても致し方ないのです。

1円でも高く着物を買い取ってもらいたいのであれば、インターネット上で相談できる【スピード買取.jp】をおすすめします。

他店よりも買取金額が1円でも安ければ全品返却するキャンペーンが実施されていますので、スピード買取.jpへと無料査定を申し込んでみてください。

住んでいる地域

そこまで大きな影響はないものの、住んでいる地域でも着物の買取価格の相場は変化します。

着物のニーズが高い地域であれば販売価格は高くなり、需要が多いのでこの点に関しては当然です。

一方で地方の都市で人口自体が少なく、「着物を購入したい」「着物を買い替えたい」というニーズがなければ高額買取はあまり期待できません。

しかし、現在ではネットショップを使って着物を販売している店舗が多く、昔よりもお住まいの地域による差は生まれにくくなりました。

  • 地元の買取専門店やリサイクルショップは地域の需要で価格が変わる
  • インターネットを中心に買い取っている会社は販売経路が多くて地域差は見られない

こういった特徴があり、地域に密着した着物店よりもネットで査定を行うサービスへと依頼した方が良いのです。

高額査定が期待できる着物の特徴は?


着物の需要は以前と比べると確実に減っていますが、日本の伝統的な衣類ですので完全になくなることはありません。

そこで、以下では高額査定が期待できる着物にどんな特徴があるのか幾つか挙げてみました。

  • 購入してから一度も使っていない
  • 混じり気のない絹織物の正絹
  • シミや汚れが付着していない
  • 伝統製法が施された伝統工芸品や人間国宝品
  • 有名産地で作られている

保管状態が良かったり誰もが知る有名品だったりという着物は、当然のように買取価格の相場が高くなります。

専門店によって違いはあれど、基本的にどのサービスへと査定を依頼してもそれなりの金額にはなるのです。

一方で「シミやキズが酷い」「真っ黒で無地」「ウールや化繊(ポリエステル)で作られている」といった着物は、査定額が低くなる傾向があります。

もちろん、素人では正確に判断できないので、信頼できる店舗で査定をしてもらってください。