着物を買取依頼する際に押さえておきたい注意点

着物を買取依頼する際に押さえておきたい注意点をチェック!

着物は安いものでは数千円、高いものは数百万円と値段が幅広くなっています。

普段から着用する機会は少なく、買取を業者へと依頼するに当たって知識のない方は少なくありません。

  • 相場よりも安い金額で売ってしまった
  • 悪質な業者に騙されてしまった
  • 貴重な着物なのに安い価格で手放してしまった

このようなトラブルを防ぐために、着物を買取依頼するに当たって押さえておきたい注意点を幾つか挙げてみました。

リサイクルショップなど店頭買取は利用しない

思い出の着物の買取を依頼する際に、リサイクルショップなどの店舗へと持って行こうと考えている方は多いのではないでしょうか。

リサイクルショップは街中にたくさんありますし、どんな商品でも気軽に持ち込める魅力があります。

しかし、着物の店頭買取はおすすめできず、それは以下の3つのデメリットがあるからです。

  • そもそも着物を買い取ってくれる店舗自体が少ない
  • 高価な着物を適正に査定してくれる専門家がいない
  • 売れにくい商品として扱われていて高額査定が全く期待できない

リサイクルショップで働いている店員さんやスタッフさんが正確に査定できないのは仕方ありません。

本当は数十万円もする値段の着物を僅か1万円程度で手放してしまう恐れもあり、買取依頼する際の注意点の一つなのです。

何も知らない人がお店のマニュアルに従って査定しているケースがほとんどですので、大きな損を防ぐために実店舗でも宅配買取のネットショップでも専門店へと依頼してください。

不当な査定をする悪質な業者を避ける

現在では大分少なくなったものの、不当な最低をする悪質な業者には注意しなければなりません。

  • 着物の価値が良く分からない人を逆手に取って買取価格を大幅に下げる
  • 目立つシミや汚れではないのに、あれこれと適当な理由をつけて価格を下げる
  • 出張買取や宅配買取で自宅へと訪問して強引に押し買いをする
  • 買取をキャンセルしようとすると高額な出張費や交通費を要求してくれる

上記に該当する業者は全て悪質で、間違っても依頼してはいけないのです。

物凄く価値のある着物を安価で手放してしまう形となりますし、手数料を要求されればもっと損をします。

つまり、着物の買取会社を選ぶに当たり、以下の点を重要視しましょう。

  • 今までに着物の買取で長い実績があってお客様から高い信頼を獲得している
  • 価値のある着物をしっかりと適正な値段をつけて査定してくれる
  • 査定額に納得がいかない時は手数料無しでキャンセルができる

優良なサービスであれば着物を買い取ってもらうために出張の依頼を行い、結果的に売らなくても出張費や交通費を不当に搾取される心配はありません。

出張買取を行うサービスの中でも、【スピード買取.jp】は利用者から高い評判を獲得しています。

  • 着物
  • ブランド品
  • 宝石
  • アクセサリー
  • 時計

上記のように様々な品物を買い取ってくれますので、依頼するサービスの選び方で迷っている方はスピード買取.jpへと無料査定の申し込みをしてみてください。

出張買取が不安な方は郵送買取を選択する

着物の価値が分かるサービスへと依頼して買い取ってもらえば、絶対に損をすることはありません。

しかし、ネット上のサービスの出張買取に不安がある方は、郵送買取を選択すべきです。

上記で紹介したスピード買取.jpであれば全国どこでも無料で自宅まで来て査定してくれますが、以下のデメリットがあります。

  1. わざわざ無料で家まで来てもらって着物の査定をしてもらった
  2. 想像していたよりも安い価格で納得がいかなかった
  3. キャンセルがOKだと分かっていても気まずくて断りにくい
  4. 「このくらいならいっか」と半ば妥協気味に契約してしまう

スピード買取.jp以外のサービスにも該当しますし、納得がいかない価格で断る自信がない人は避けた方が良いでしょう。

一方で郵送買取や宅配買取であれば、価格に納得がいかなければメールでキャンセルの手続きができます。

出張買取よりも圧倒的に断りやすく、「押しに弱い」「断るのは申し訳ない」という方はキャンセル料や返送料が無料の郵送買取を行う会社へと着物の買取の依頼をしてみてください。

着物の種類や状態によっては相場よりも安くなる

着物の種類や状態によっては相場よりも安くなりやすく、自分が想像している価格で買い取ってもらえないのは押さえておくべき注意点です。

着物を買う時は数十万円でも売る時は1万円~2万円と大幅に安くなり、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 日本の伝統品でも着物業界全体で見てみると着用人口が減っている
  • 女性の平均身長は今では高く、昔は普通サイズでも今だと小さいサイズになる
  • シミやキズが付いている着物は高価でも高く売却することができない
  • 着物のクリーニングや修繕は意外と高く、その分の値段が差し引かれる

高額で取引される着物の種類は正絹で、匁と呼ばれている絹の量によって変化します。

とは言え、クリーニングや染み抜きには想像以上に高い費用がかかり、その分を考慮しなければならないのでシミや傷があまりにも酷いと納得のいく価格で買い取ってもらえないのです。

もちろん、どのくらいの買取価格になるのか専門家に見てもらわなければ分からないので、着物を売りたい方は一度無料査定を依頼してみましょう。